0493771911

口腔外科|高坂・東松山|ピオニー歯科医院

0493771911

電話受付時間 10:00~19:30
休診 水曜・祝日

口腔外科

親知らずが痛むならすぐにご相談を

「親知らず」は前歯から数えて8本目、奥歯のさらに奥に生える歯です。だいたい十代後半~二十代に生えてくることが一般的と言われています。現代人は古代人と比べて顎が小さいため親知らずが正常に生えることは少なく、トラブルを起こしやすいのが特徴です。歯の一部が歯ぐきに埋まったままだったり、横向きに生えてしまったりするので、生えるときに痛みを伴うことも多々あります。
当院ではできる限り歯を抜かない治療を選択していますが、親知らずは場合によっては抜歯したほうが患者様のためになることもあります。丁寧に診察を行った上で、患者様にとって最適な治療方法を選択します。

なお、当院では明海大学病院との連携も行っております。親知らずでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

親知らずが与える悪影響

歯並びが悪くなる

親知らずが狭いスペースに生えてしまうことで、前側にある元の歯に圧力をかけ、歯列が乱れやすくなります。歯並びが悪くなると噛み合わせが悪くなり、咀嚼も上手くできなくなるという悪循環に陥ってしまいます。少しでも違和感を感じたら早めに対処しましょう。

虫歯になりやすい

歯列が乱れるたり、中途半端に生えてきたりすることで、歯ブラシが届きにくくなります。そのため、歯の隙間などに食べカスが溜まりやすく、周囲の歯まで虫歯になりやすくなります。どうしても自分での歯磨きでは届かないこともあるので、歯科医院でのメンテナンスをおすすめします。

親知らずは抜いたほうがいい?

まっすぐ生えてきて痛みがなく、歯磨きにも影響がなければ、親知らずを抜く必要はありません。そのまま残しておけば、もし他の歯を失ってしまった場合、親知らずを移植することができるかもしれません。

しかし、残すか抜歯するかをご自身で判断することはむずかしいものです。まっすぐに生えてきた場合は他の歯と同じように抜歯できますが、真っ直ぐではない場合は、歯肉を切開するなど、外科的な手術を要する場合もあります。放っておいた親知らずがトラブルを引き起こしてしまう可能性もありますので、まずは専門の歯科医に相談しましょう。当院でも親知らずの処置をおこなっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る